Category: 融資審査

計画作りがとても大切な変動金利

銀行の店頭には、たまに多くの方々が詰めかけています。目的は、変動金利などです。住宅を購買する時には、確かに数字が動くタイプの融資商品は、オススメとは言えます。タイミング次第では、今後は手数料を節約できる可能性もあるからです。

しかしそういう商品を利用する時には、色々と想像はするべきでしょう。そうでなければ、色々と困った事態になる可能性があります。返す商品には、計画性は求められる事は確実です。やはり無計画に借りる方々などは、後々になってトラブルに直面する確率が高いです。人によっては、法的手続きが必要になる事さえあります。当然それは、望ましい事態ではありません。

逆にスケジュールを入念に組み立てた方々などは、問題発生率も比較的低めです。したがって計画を立てる事が大切ですが、たいてい銀行では計画作りに関するシステム等を準備してくれています。それを上手く活用した上で、借りるべきでしょう。

 

各社によって特徴が異なる融資審査の基準

減価などの都合で、お金が必要になる局面は多々見られます。それで融資審査を行う会社で、お金を借りる選択肢が浮上する事もあるでしょう。オリックスや楽天などが着目される事も、大変多いです。

ところで融資審査は、各社によってそれぞれ特徴もあります。どこも同じように見えて、実は基準も微妙に異なる訳です。

例えば、年数に関する違いがあります。一般的には、1年以上か否かが1つのポイントになります。会社で勤めた年数が1年未満などでは、少々借りづらい事も多いですが、それ以上ならば借りやすい事例が目立ちます。しかしそれも会社によっていろいろとルールが異なり、中には2年以上の所もある訳です。

そうかと思えば、書類確認に関する特徴もあります。特定の書類が不要になる会社もあれば、書類が不要になる融資額がかなりかなり高めな会社など、それこそ色々です。つまり各銀行によって、それぞれ特徴も異なる訳です。たいてい公式サイトにヒントが明記されていますから、注目すると良いでしょう。

 

経理の人々がしばしば行う与信という調査

経理の人々は、たまに与信などを行う場合があります。悪化などが心配なので、ちょっと調べるケースもある訳です。与信は、広義な表現ではモニタリングと言われる事もあります。相手に関する調査の1つが、与信になる訳です。

では具体的に何を調査するかというと、果たして相手に支払う力があるか否かです。せっかくどこかから仕事を引き受けても、肝心の支払い能力があるか否かは、間違いなく重要ポイントになるでしょう。支払い能力がなければ、極端な話では、タダ働きになってしまう場合があります。それでは会社としては大変困る訳です。

それと、借金に関する事柄が関わる事もあります。相手に返済能力があるかどうかも、ちょっと調べてみる訳です。何せ会社にとっては、お金は重要です。経営にも大きく関わるだけに、調査を行う事は非常に重要と言えます。ただし知識なども求められますから、どこか事務所に相談する会社経営者なども非常に多いです。