Month: September 2017

毎日食べる弁当に入れる必要があるものと控えるもの

健康は身近な食事ほど影響力があるので、弁当などでも注意することで栄養を満足に摂ることが出来るようになります。弁当などを持っていく場合に、献立作りが非常に難しく考えてしまいがちです。

作りやすさを重視しがちですが、カルシウムなど栄養を見て埋めていくことが求められます。この場合にアジなど青魚を入れることで、カルシウム以外にもDHAなどを摂ることが可能です。大変な時でも缶詰などの一部を入れることでも対処が出来ます。

また、弁当の問題では保存の問題からどうしても塩分が多くなってしまいます。そのために味付け以外の部分でも考えておくことが求められます。

よく一緒に付いている醤油などを減塩にしたり、使う量を少なくするなど必要以上の塩分を摂らないようにすることも重要になります。そのためにトータルで弁当の栄養を考えることで、健康的な弁当にすることが可能です。

弁当は毎日のように食べるために、考えたものにすることが健康に繋がっていきます。

 

中性脂肪を運動やポリフェノールで下げる

中性脂肪の基準値は50から149mg/dlで、運動不足であると数値が上がりやすいです。運動不足の人は運動を行うと、数値が改善される事は有名です。しかしポリフェノールにも中性脂肪を下げる効果があります。

ポリフェノールには中性脂肪を下げる効果のある成分が多く含まれていて、アントシアニンやリコピン等です。また緑茶等のお茶類にも、カテキンの中に含まれています。コレステロールも下げる作用もあるので、両方高い人には効果的です。

ポリフェノールの1日の摂取目安量は1500㎎で、摂取すると抗酸化作用は数時間であるのでこまめに摂取するのが良いです。食品から摂取するのがお勧めで、ポリフェノールが含まれていると他の栄養素も含まれているので中性脂肪以外の病気の予防も出来ます。

飲み物を選ぶ場合は、お茶やコーヒーを選ぶとバランス良く栄養が摂取が出来ます。ただしコーヒーに砂糖を入れてしまうと、中性脂肪を上げる事になるので気を付けます。

 

血圧を正常値に下げる時に重要な塩分と問題の認識

血圧は自宅など色々な所で測定が出来る環境にあります。そのために高血圧であるかは意外と多くの人が認識できている状況であるので、血圧の変化に敏感になる必要があります。

特に高血圧に繋がる所は私生活によるものが大半で、食事で塩分が過剰に摂取されていたりすることがコラム記事やサプリランキング(血圧下げる)などで書かれていることがあるのです。

塩分は多いと美味しく感じる一方で、高血圧になる要因であることが多いので、正常に戻したい場合には塩分摂取量の調整が簡単に出来ることの一つになっています。

正常に戻したい場合には、自身の血圧を日に何度か測定するなどして問題の認識が必要となります。そこから食事や運動などをして血圧の状況を残しておくことが認識と問題解決のためになります。

成果が見えてくることでやる気の引き起こしと効果があったものが判明してきます。

身近で測定が個人で出来るからこそ、測定と正常に戻すための活動をしていくことが将来の健康の役に立ちます。